スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hubcomitaittle500v2.jpg




お気に入りの本とモノを残して行きます。







バナーです。
bnar02120.jpg
スポンサーサイト

本田直之さんのこと

何気に手に取った本に感銘を受けるというのは「一期一会」そのもので
今回「Flick!vol.5」は本当にいい買い物をしたみたいです。
その中でもっとも 印象的だったのが本田博之氏のノマドスタイル。
写真で見た本田氏の印象は、僕にとってはよく映ってなかったのですが
(自論のお仕着せ的イメージがあった)
その後これまた偶然見つけた「面倒くさがりやのあなたが成功する55の法則」
が読みやすくわかりやすい内容だったので見え方が一変、気が付けばシンパである。

面倒くさがり=堕落ではなく、後のおおごと(面倒なこと)を防ぐための先手
という考え方は無意識に行っていても理論として成立させているという点に感銘を受けました。
わかりやすい55の法則は手帳の片隅に書いて復唱してると人間が変わるかもしれません





聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話

全25巻。5月発売の25巻で完結。
車田正美の無印版で言われてた前聖戦の生き残りの解釈が
非常にイイ解釈だったのが印象的でした。

個人的には3巻の魚座のアルバフィカのエピソードが一番印象的。
これで、この作品の見え方が変わりました。

近いうちに最初から読みなおすことにしよう。
amazonで全25巻を見る




1998~2010 角松敏生

1981 - 1987
1988 - 1993

と既存のファンを裏切らない品質でベスト盤をリリースした角松敏生の3枚目のアルバム。
今作は個人的には不安要素がありました。
少し民族音楽とかAGARUTAの路線とかに傾倒してた時期の楽曲があって
それを聞く側の自分が受け入れられることができるか

時間が受け入れることを許してくれたようです。
そんな合間にRealizeのような曲が入るとやっぱり角松という感じです。

ただ「NO TURNS」収録の「Love Junky」が収録されてなかったのちょっと残念









杉崎ゆきる「アスクライブ・トゥ・ヘヴン」

久しぶりにヤングキングOURSの表紙を見たら
懐かしい名前が

ブレンパワードはいのまたむつみさんより杉崎さんの方が好きな絵柄だったというのは
今だから言える話です。

子供に少しお金を回したので、今月発売の「聖闘士星矢LOST CANVAS」の最終巻を買ってから
多分購入するでしょう。雑誌で読んだ話では面白かったw
特に親衛隊連中が使ってるパワードスーツのデザインが秀逸。


PageTop

MENU
リンク
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。